自分史上最高の転職⇒他力本願

人材紹介という手があった!能力を活かせる職場探しをしたい方へ

ジェネラリストが求められる現状

エンジニアが転職を希望するときには、自分のスキルをアピールポイントにすることになる。
エンジニア向けの人材紹介では企業からの求人があるのが前提で求人を紹介してもらえるため、企業から求められるスキルを持っているエンジニアだけが紹介を受けられる。
たった今、すぐに業務を行える人材が欲しいからこそ企業は人材紹介を利用する。
その観点から、基本的にはトレンドになっているスキルを持っていることがエンジニアには求められている。
習得者が少ないスキルを持っていて仕事の経験もある場合には有利になりやすく、引く手あまたになるケースも少なくはない。
エンジニア向けの人材紹介を有効活用するためにはトレンドのスキルを持っていることは必須であり、あまり役に立たなくなってしまったスキルしか持っていないときには、登録しても求人の紹介を受けられないことが多い。
少し先を見ながらエンジニアとしてのスキルを磨いていくことが重要であり、現状としてよく求められるようになってきたのがジェネラリストとしての素質である。
以前は分野として分けられていた複数の領域のスキルを持ち、どの領域についても理解力があるエンジニアの需要が高くなっている。
複数のITを組み合わせて製品開発を行う方針がトレンドになっているからであり、無限の組み合わせがあることからジェネラリストを目指すと当面は求人の紹介を受けやすくなる。
うまく求人の紹介を受けるための方針として優れているのがジェネラリストになることである。


#
Tags:
ジェネラリストが求められる現状 はコメントを受け付けていません。